忍者ブログ
Admin*Write*Comment
諸国漫遊記
[271]  [281]  [278]  [279]  [273]  [264]  [269]  [267]  [244]  [266]  [262
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


(昔『キン肉マン』でコンクリートの上で戦っていた超人達の姿を思い出しました。)

 ボリビアの首都ラパスに滞在中、ボクシングジムを見てきた。

 他の中南米諸国と同じ様に、国が管理するスポーツ施設の一室でジムはひっそりと開いていた。

 プロの選手も数人いたのだけれど、実力の方は何ともはや、、、

 基本的に学校帰りのアマチュア選手が多く、ここでは合同練習を行っていたよ。

 建物がかなりボロくもあったのだけれど、度肝を抜かれたのがリングのマットが板だったこと!

 シャドーをする選手達のステップに合わせ、ギ〜、ギ〜と板がきしむったらありゃしない。

 その板に手で触れてみたが、学校の旧校舎を思わせるようなデザイン、固さ、これは間違いなくただの廊下だ。なつかしい思いがこみ上げて来る。

 そんなリングの上で、突然の珍客(僕)に気を良くしたボリビアン・ボクサー達がスパーを披露してくれたんだ。

 ディフェンス、技術共にゼロ、パンチをどれだけ出せるかを競うようなスパーだった。

 見ていて本当に怖くてね、あの廊下に頭をぶつけたらヘッドギアを装備しているとはいえ、後頭部をぶつけたらとても危険だ。そいつを一緒に見ていた隣りのボリビアンに伝えると、

「ああ、大丈夫、すごい丈夫だからね。壊れやしないよ。穴なんて殆ど開いたことないんだぜ!」

 廊下の心配かい!しかも開いたことがあんかい!というか、マットは最低限必須だろ!

 タフな環境とはこういうことを言うのだろうか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
5年のNY生活、約2年の旅を振り返ります!
  • 王者になるまで
  • 八王子中屋ジム試合風景
  • 八王子中屋ジム練習風景
  • 最新CM
[05/09 ジムHP管理人]
[05/05 あめちゃん]
[08/04 管理人]
[08/04 管理人]
[08/02 ボクサーひこ]
  • カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • プロフィール
■管理人:
中屋一生
■中屋一生 E-mail issei45456@hotmail.com

■掲載した記事・画像・映像を無断で複製・転載・販売することは固くお断り致します。

プライバシーポリシーについて
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
Copyright © 諸国漫遊記 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]