忍者ブログ
Admin*Write*Comment
諸国漫遊記
[786]  [785]  [780]  [784]  [783]  [782]  [781]  [779]  [778]  [777]  [776
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 前WBO世界Sフェザー級王者のエイドリアン・ブローナーが計量で3.5ポンドオーバーで王座を剥奪される中、行なわれた。とうぜん、エスコベドが勝った場合のみ新チャンピオンとなる。

 という試合、ブローナーが5回にパンチをまとめてTKO勝利をしたらしい。

 何か、メイウェザーVSマルケス戦を思い出してしまうなぁ。

 共に決められた体重を必死で作るでも無く、ファイトマネーのカットで無敗を維持する可能性を高めたと思われても仕方が無い結果の出し方だ。

 試合自体はブローナーの今後を更に期待させる内容だったらしいけれど、それ以上に何かひどく残念な思いが残る。

 ここ数年の内にボクシングの試合前中後のルールが、もう意味をなさなくなってしまったと感じさせるんだ。

 決められた体重を作る事は、この競技において本当に最低限のルールの一つのはずだった。近いうちに蹴りや投げ技をを繰り出しても何らかの理由で許されてしまいそうで怖いよ、嗚呼、僕は本当に恐れるよ。

 イベントを行う方の視点からすれば、それ自体は必ず成立させなければ生活ができなくなってしまう。だから何としても中止は免れたい。

 しかし、それ以上に対戦相手の視点からすれば、自分は必死で身体を作って来たのに、相手はそれをせず、しかもその相手と戦わなければならないことは悲惨の一言に尽きる。

 でも身体を作らなかった側にも意見はあるのかもしれない。まぁ、自分は理解出来ないけれど、、

 お金でもなく、物でもなく、人間が、とくに選手こそがこの競技の中心にいるんだと改めて思った。

 何か業界レベルでの常識とルールが分からなくなって来てしまった今日この頃。

 僕はこの出来事が海の向こうだったから起きてしまった事、だとは捉えていないのです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 考えさせられますね…
ボクサーひこ URL 2012/07/23(Mon)05:04:09 編集
体重を守らない奴が頻繁に出てくると体重制の競技の意味をなさないですからね…
  • 無題
こんにちは♪ 2012/07/23(Mon)11:59:32 編集
個人的には今日の様な細かい階級制はやめて、
フライ バンタム フェザー ライト ウエルター ミドル ライトヘビー ヘビーの8階級なら体重超過問題は減ると思います。
  • 無題
管理人 2012/07/23(Mon)23:43:53 編集
ボクサーひこさん
コメント有り難うございます。
ですよね。何dかはやってしまいそうで、本当に怖いです(大汗)

こんにちは♪ です
コメント有り難うございます。
または主要団体がちゃんと連携をもっととるなど、いろいろやり方はあると思うのですが、今の業界は厳しいですね(汗)。
日本のタイトルへの価値観は本当は世界中のボクシングファンが望む理想の状態ではあるのだと自分は感じています。
ただ、世界は今、世界タイトルへの価値をそんなに見出してはいない、、、
難しい所ですね。
  • ABOUT
5年のNY生活、約2年の旅を振り返ります!
  • 王者になるまで
  • 八王子中屋ジム試合風景
  • 八王子中屋ジム練習風景
  • 最新CM
[05/09 ジムHP管理人]
[05/05 あめちゃん]
[08/04 管理人]
[08/04 管理人]
[08/02 ボクサーひこ]
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • プロフィール
■管理人:
中屋一生
■中屋一生 E-mail issei45456@hotmail.com

■掲載した記事・画像・映像を無断で複製・転載・販売することは固くお断り致します。

プライバシーポリシーについて
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
Copyright © 諸国漫遊記 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]