忍者ブログ
Admin*Write*Comment
諸国漫遊記
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


(そんな目で見つめないで。おじさん、ビーチサンダルなんだよ、、)

 中南米でよく見かけ、日本でよく見かけなかった、というような仕事がよくあった。

 例えば靴磨きだったり、えーと、く、靴磨きだったり、えーと、く、、

 とにかく色々あったんだよ。

 そう言う訳で靴磨き屋さんは色々な所で見かけました。

 もうね、歩いているとにじり寄ってきては、聞いてくるんだ、

「靴、磨いていきなよ、兄ちゃん。」

 おーい、こっちはスニーカーですよ。

「このスミは何でも有効なんだ(みたいなスペイン語を発していた気がする)。」

 こらこら、勝手にスミを塗ろうとするでない!しかも色が全然違うじゃないか!!

 もうね、振り切るのが面倒だったなぁ。あれ?この思い出は東南アジアだったけかな、、

 まぁ、僕の靴等磨くべきではないよ。むしろ磨いたぞうきんが汚れちまいますよ。

 皮のサンダルを履いてる時に磨きましょうかと聞かれた時は、度肝を抜かれた。


 *八王子中屋BOX

 4月5日(火)にデビュー戦を迎える芋生敏幸について
  芋生敏幸のデビューは『DANGAN31』

 4月4日(月)に復帰をする八王子中や初陣の野崎祐一郎について
  八王子中屋の初陣は野崎祐一郎!
PR

(なのに教会に足を踏み入れていた僕は罰当たりだったのだろうか、、)

 旅の間、たまに各国の教会や寺院を訪れたんだよ。

 もうね、自分、そういった宗教の事殆ど理解していなかった人間だったんだ。

 もしもそんな宗教の事にもっと詳しければ、僕の旅も大きく変化していたかもしれない。それくらい日本と比べ、他の国々では宗教は大きな意味を持っていた気がするからだ。

 宗教がその国の人間達の考え方や行動に、大きな影響を与えているのかもしれないと感じた事も多かった。しかしそれを具体的に説明出来る程僕には宗教の知識がなかった。

 よくアメリカでスポーツ選手達なんかが何かの賞やタイトルを獲得すると「神に感謝する」なんて事を行っているのを耳にしたけれど、僕に言わせりゃ、あんたの、あるいはあんたと周りの人間の力だよ、と思ってしまったもんだ。

 まぁ、祈る相手がいる事も幸せの一つなのだとは思ったよ。教会や寺院ではそんな幸せそうな人々の姿を垣間みたからだ。

 そんな人々の間でぼけっとしていたあの頃の僕は罪も罰も、そして幸福も全部自分の責任だったんだと感じてもいる。

 
 *八王子中屋BOX

 帰って来た”暴れん坊将軍”林和希のパンチ力が上がっていた事について
  ”暴れん坊将軍”林和希のパンチ力が豪快にUP!


 コロンビアとペルーとの隣国ペルーについでによったのが3年前の冬。つまり向こうでは夏だった。

 しかし、エクアドルの首都であるキトは高地にあって、思いのほか寒かったんだ。

 という街にあった公園では沢山の人達が集っていてね、様々なスポーツを行っていたよ。

 そんな公園で一際人気があったのがこのコートだった。


(どっちだったんだ、、)

 思い出せん、思い出せんよ、全く。

 ボールと服装を見る限りはサッカー、コートを見る限りではバレー、多分セパタクローかな。

 とにかく皆、一生懸命だった、異常に勝負にこだわっていた気がするよ。何故その情熱を日常の生活で注ぎ込めないのか。

「両方頑張ったら疲れちまうじゃんか。」

 ある南米出身のおっちゃんが言っていたよ。

 そうなのだ、全部頑張るのは非常に難しいのだ。

 きっと好きではない仕事をしていて、好きな事がある人は、どちらかに注ぐ為に、どちらかに注がないことも必要なのかもしれない。

 注げる量は無限ではないはずだから。

 
 *八王子中屋BOX

 明日、東日本新人王準決勝の”暴れん坊将軍”林和希の計量について
  明日は林和希の東日本新人王準決勝!

(ヘイ!彼女!分るぜその疲れ、その姿勢!)

 どんなに楽しい事でも、それを続け過ぎる事で詰まらなくなる事ってないですか?

 パックのアイスクリームだって最初の3/1までがせいぜい最高の美味しさを味合わせてくれるんですよ(なのに何故いつも、僕は一回開けると全部一気に喰ってしまうんだろう、、、)。

 そんな感じで、旅も続け過ぎるとあんまり心と身体に良くないんだと思うんですよ。世界を回れる有り難みを失うと言うか、お金を失、、

 まぁ、命だけは失わない様に細心の注意を払っていたんだ。だからかもね、知らない土地に行く事にたまに疲れていたのは。守ってたんだよ自分自身を。身体をこわばらせ、顔は緩ませ、周りをチェックしていたのだ。

 しかし悲しいかな、今にして思えば、どの国のやんちゃな方々や自由な方々にとってもカモとすら写らんかったのかもしれないね。

 インドで余りの金の払いの悪さに日本人じゃない!と問いつめられ。ブラジルではホームレスにジュースを奢ってもらったのを思い出す。

 きっと同じ”何もない”匂いが漂っていたんだろうなぁ。あの頃の僕。

 今もその匂いが取れてない気がす、、、

 

(イングランド代表、ジェームス。地図はあくまでも目安に過ぎんぞ。)

 南米にある赤道直下の国、エクアドル。

 その名前の由来は赤道から来ているそうな。

 そしてこの国の首都キトには、そんな赤道直下を記念する『赤道記念碑』なる場所が存在するのだ。

 僕も赤道を、北半球と南半球を体験するためその場所へ向かいました。

 宿で出会った、イギリス人とアメリカ人(後誰かいたっけかな?)達とともに、バスで向かったのだけれど、道に迷っちゃってね。

 あれは一体何処だったんだ?バスを降りるとなんか、ボロボロの野菜小屋しかないんだよ。やっぱ人任せでいるといけないね。彼等の後をついて行ったんだけど、僕自身は何にも調べなかったのだ。

 そういえば、いままで他の外国の人達と旅したとき、彼等が地図を読むのが下手だった気がしないでもない。

 たまたま、一緒にいた奴らがダメなだけだったかもしれないのだけれど、僕が今まで旅してきたイングランド人も、イタリア人も、アメリカ人も、カナダ人も、ドイツ人も、とにかく沢山いたわけだけど、殆どの人達が地図をぐるぐる回していたんだ。ありゃ何だったんだ?

 それと地図ばかり見て、肝心の景色と少しも見比べないのです。っていうか、両方見てない。オンリー、ウォーキング。

 もしかすると日本人は地図を見るのが上手いのかもしれない。

 あるいは日本の道が細かく、細いだけなのかもしれないけれど。
 
  • ABOUT
5年のNY生活、約2年の旅を振り返ります!
  • 王者になるまで
  • 八王子中屋ジム試合風景
  • 八王子中屋ジム練習風景
  • 最新CM
[05/09 ジムHP管理人]
[05/05 あめちゃん]
[08/04 管理人]
[08/04 管理人]
[08/02 ボクサーひこ]
  • カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • プロフィール
■管理人:
中屋一生
■中屋一生 E-mail issei45456@hotmail.com

■掲載した記事・画像・映像を無断で複製・転載・販売することは固くお断り致します。

プライバシーポリシーについて
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
Copyright © 諸国漫遊記 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]