忍者ブログ
Admin*Write*Comment
諸国漫遊記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


(小さな街でした。)

 エストニアの首都はタリンという街。

 まぁ、自分は2日ぐらいしか滞在していなかったから、タリンについては特に語れる事はありはしないのだけれど、雰囲気はとても良かった記憶がある。

 東欧の人たちは皆からだが大きいね、あるいは自分や東アジア人が小さいだけなのか。寒い所で住む人達はやはりパワーを溜め込む為、器がでかくなっているのだと感じたよ。

 そんなエストニアの首都、タリン。街は別に大きくはなかった。

 向こうから声をかけてくる人達はいなかったけれど、カフェで隣の席に座っていた若者達にこちらから時間を聞いたりして声をかけると、結構食いついてきてね、いろいろ質問されたよ。エストニア語?ロシア語?で。

 何言っているのか殆ど分からなかったよ。そのグループの人達は片言の英語しか喋らなかったんだ。

 ただ1人、結構英語を喋れる人がいてね、ちょっと嫌な感じでにニヤニヤしながら質問して来るんだよ。

「日本人と、中国人と、韓国人はどこが違うのだ?」

 旅をしていればたまに聞かれる質問だ、なるほど答えても良いけど、その前に教えてくれ、エストニアと、ラトビアと、リトアニアのバルト3国はどこが違うんだ?

 そしたらグループの中の1人が凄い怒ってたなぁ。

 体は大きかったけれど、心の器の方はあんまり大きく感じなかったよ。

 まぁ、僕は両方小さいのだけれど、と心の中でつぶやいた。

 
PR

(こんな色だったのか)

 えーと、確か僕が今まで訪れた国は約50カ国。

 色々な国に行ったけれど、いつも気になっていたのがその国の国旗だったんだ。

 色々な形や色があってね、勘違いや間違い等、訪れる前まで知らなかった国旗もたくさんあったんだ。

 そこで問題です、この国旗の国はどこでしょうか?どこだったっけ?

 答えはエストニア、バルト3国の一つで、バルト海の向こう側にはフィンランドがあります。

 何でも青はエストニアの空・湖・海を表しており、エストニアの国民を象徴するとともに希望・友情・団結を表す。黒は故郷の大地と同時に暗黒時代の悲しい歴史を忘れまいとする決意を示す。白は雪および人々の幸福の追求を意味する、とのことだ。どこかにそう書いてありました(嗚呼、きっと多くの人がこんな感じの手軽さで、知識を得て行くんだろうなぁ、)。

 国旗は小さな頃から好きだった。

 社会の資料集を暇なときに(授業中)よく眺めては地図と国旗を覚えていたもんだ。その頃、僕のお気に入りはアルゼンチンとウルグアイだった。あの太陽のマークと白と青、そのデザイン、カラーリングが格好いいなぁと思ったものです。

 まさかその後、自分でその国々に訪れるとは思いもしなかった。人生何がどうなるか分からないものだ。

 そうして各国の国旗を見てきて思った、日本の国旗は結構いい。

 まぁ、自分の国なら誰でもそう思うのかもしれないけれど。


 *八王子中屋BOX

 2月23日(水)『DANGAN』に出場の日本ライト級10位の丸山伸雄について
  日本ライト級10位、丸山伸雄の背中が大きく見える

 

(そっちの意味では癒されませんでした。)

 架かっていたよ、世界中に。

 旅で疲れた心と身体を癒された気がするよ。まぁ、実際はそんなに心身共に癒されなければならない程、病んでも疲れてもいなかった気もするけれどね。
 
 エストニアで見た虹もそれは美しかった。あるいは旅の間だったからそう映ったのか。

 日本にいた頃は7本が当たり前だと思っていたけれど、何でも虹の本数は、色の数と言った方が良いのかな、そいつは地域によって変わるらしいのだ。そう言えば確かにドイツで見た虹は色が少し足りなかった気がしたね。

 虹色は海外では同性愛者のシンボルでもあるらしく、アムステルダムやオランダでもよくそんな虹の旗を見かけたよ。そんな物をある場所でをボケっと眺めていたとき、背後から忍び寄って来たおっちゃんにナンパされたのには度肝を抜かれたなぁ。海外ではよくその筋の人達にお声をかけられたものだった。

 そっちの方の虹も世界中にかけられていた。日本でもいつか普通に見かける日がくるのだろうか。


 *八王子中屋BOX

 10月2日の世界戦で予備カードで出場する森道晴について
  森道晴、本来持っているものの位置まで!
 

(こんな町並みの国から、把瑠都が誕生するとは。)

 東欧、エストニアの首都タリンを訪れたのは2年前の秋頃だった。

 ヨーロッパ、バルト三か国(ラトビア、リトアニア)の中では一番安定している国らしいけれど、それでも、フィンランドから船で1時間半をかけビールを買いにくるなど、物価はまだ他の西南北と比べ、お手頃だったよ。

 そんなタリンを観光していたときのこと、カフェで一休みをしていると、店で働いていたウェイターのあんちゃんが聞いてきたんだ、

「何処の人?中国?それとも日本?」

「日本だよ。」

「Oh!バルト、バルト!」

「、、?」

 バ、バルト?なんで僕がバルトなんだ?バルトじゃなくてジャパンだって言ったんですけど。

「スモー、スモー。」

 そう言い、彼は投げ跳ばしたり、ツッパたりして僕に伝えてくるのだ。相撲は分かったけれど、それとバルトと何の関係があるのか、この時の僕は知らなかったんだね。

 バルト=把瑠都、つい先日に大関に昇段した把瑠都凱斗のことだったのだ。しかし当時、僕は日本に7年程住んでいなかったから、相撲業界のことは何も知らなかったんだ。

「バルトは昔の友達なんだ。」

 そう彼が拙い英語で言うものだから、ますます意味が分からなかったよ。

「あいつに宜しく伝えておくれよ!」

 僕は黙ってうなずいた。

 そして現在、それは出来そうもないと思っている。

 *八王子中屋BOX

 チャーリー、東洋ベルトを製作中(4/4UP)
 昨日からエストニアの首都タリンに来ています。

 今回は以前に話していたカウチサーフィンで連絡を取ったアヌゥさんというエストニア人の家にお世話になってます。
 今彼女は学校がバケーション中なので一緒に町中をぶらつきました。


(これは昨日、彼女の友達の家に行ったときの写真です、魚がおいしかった)


(これが今回のカウチです。非常に天井が高く大きな家でした。)


(この子がアヌゥさん、今日朝食にトーストを作ってくれました、ごちそうさまです)


(昼過ぎ頃、町中を歩きました、東ヨーロッパに来てからは雨がよく降りますね)


(何かが教会から突き出していました)


(他の教会にある塔を登ると美しい風景がありました)


(えっと、向こう側がロシアかな、、)


(珍しく自分を写真とってもらいました)


(エストニア国旗です、こんな色だとは知りませんでした)


(虹がかかっておりました)


(東ヨーロッパは貧しいと聞いていましたが、かなり都会の雰囲気があり、とても良い感じでした)

 明日はフェリーでヘルシンキへ行きます。



* HOME *
  • ABOUT
5年のNY生活、約2年の旅を振り返ります!
  • 王者になるまで
  • 八王子中屋ジム試合風景
  • 八王子中屋ジム練習風景
  • 最新CM
[05/09 ジムHP管理人]
[05/05 あめちゃん]
[08/04 管理人]
[08/04 管理人]
[08/02 ボクサーひこ]
  • カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
  • プロフィール
■管理人:
中屋一生
■中屋一生 E-mail issei45456@hotmail.com

■掲載した記事・画像・映像を無断で複製・転載・販売することは固くお断り致します。

プライバシーポリシーについて
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
Copyright © 諸国漫遊記 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]