忍者ブログ
Admin*Write*Comment
諸国漫遊記
[595]  [592]  [594]  [593]  [587]  [591]  [590]  [589]  [582]  [586]  [581
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


(嗚呼、こんな場所で。)

 中米のガテマラを旅した時の事。

 僕はこれから始まる中南米の旅の為、スペイン語を勉強していたんだ。

 ほぼ、生まれて初めて経験する必死の勉強に疲れ果てていてね。こんなときはボートで中南米一美しいと言われる(あれ、中米一だったかな?ガテマラ一だったかも、もうどっちでもい、、)湖、アティトラン湖へ学校から借りたボートをこいで遊んでいたんだ。

 最初は若干、おっかなくてね。こんな木の固まりが水の上を浮くのかと不安でいっぱいだったのだけれど、ちゃんと浮くんだよ。なんか自分の存在より、カヌーの方が世の中の役に立っているんじゃないかと感じてしまったものだよ、俺は何の為に生きているんだ!?

 そんなこぎ慣れ始めた2週間目ぐらいの事。

 カヌーで遠くまで全力でこぎ、疲れたら何か食って本を読み、そして寝転がる、というルーティンを覚えたんだ。

 そしたら寝返りを打ったのかな、自分が落ちちゃってね。本当に度肝を抜かれたんだ。

 落ちてどれくらいが経った時だろう、目が覚めてみたら、水中の中。

 意味が分からなかったし、息ができない。息が出来ない事にまず度肝抜かれ、次に水中だと分かり又抜かれた。

 重力を感じる暇等なく、落ちているのか、浮上しているのかも分からない。え、嘘、俺、死んじゃうのか!?あるいは、既に死んでいるのか!?

 パニックの中、脱出しようにもどっち泳げばいいか分かんないんだ。覚えているのは湖の色、青かったなぁ。

 そして青色って色々あるんだね、深い色、薄い色、、、って俺、思いっきり深い方を目指してんじゃないか!逆だ、逆!目指すは薄き色、空の色!

 そいつを見つけると、必死で泳いで、水の中から水面に顔面を叩き付け、必死で立ち泳ぎ。側にカヌーがあったのは幸運だったよ。そうして必死でしがみつき飲んだ水を吐いていた気がするなぁ。今ではいい思い出だ。あんなに深い水の色は観た事なかった。何でもここは中南米一深い湖でもあったらしい(あれ?中米一だったか、、)。

 この経験で得たもの、1度裏返ったカヌーは中々起こせない。

 
 *八王子中屋BOX

 明日が試合の日本ライト級10位、丸山伸雄の計量について
  明日は丸山伸雄の試合!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • !!!
ボクサーひこ URL 2010/11/29(Mon)09:01:44 編集
それは怖い思いでしたでしょうねぇ~
しかし、水の中に落ちても数秒は眠った状態なんですね。
瞬時に目が覚めるんだろうと思ってましたが、そりゃぁパニックになりますよね~
  • 無題
中屋BOX URL 2010/12/05(Sun)02:05:47 編集
ボクサーひこさん
コメント有り難うございます
いや、あるいはすぐ目が覚めたのかもしれません。しかし、長くも感じたし、、まぁ、それをパニックと呼ぶのでしょうね(苦笑)。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
  • ABOUT
5年のNY生活、約2年の旅を振り返ります!
  • 王者になるまで
  • 八王子中屋ジム試合風景
  • 八王子中屋ジム練習風景
  • 最新CM
[05/09 ジムHP管理人]
[05/05 あめちゃん]
[08/04 管理人]
[08/04 管理人]
[08/02 ボクサーひこ]
  • カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • プロフィール
■管理人:
中屋一生
■中屋一生 E-mail issei45456@hotmail.com

■掲載した記事・画像・映像を無断で複製・転載・販売することは固くお断り致します。

プライバシーポリシーについて
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
Copyright © 諸国漫遊記 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]