忍者ブログ
Admin*Write*Comment
諸国漫遊記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 アレクシス・アルゲリョ インタビュー




 現在ボクシングの世界において複数の階級を制覇しているボクサーは珍しくはない。しかし彼程常に王者の義務を果たし、また先の階級でも常に強者を選び続け、自らの試合を芸術まで昇華させたボクサーはどれほどいただろうか。
 彼とは元3階級制覇、リングの貴公子、破壊的な痩せっぽちなどとも呼ばれたアレクシス・アルゲリョのことだ。
 私は中米を旅行中だった2007年10月31日、彼にインタビューをする機会を得た。

ーー現在、何をなされて生活しているのですか?

 3年程前からマナグア市(ニカラグアの首都)の市長補佐をしています。

ーーどのような内容のお仕事を普段なされているのですか?

 今、私が携わっている仕事は大きく分けて3つあり、マナグア市内のスポーツ、カルチャーそしてソサエティー、それらを向上させるために様々な試みを私はしています。

ーー先日、あなたが以前建てられたジムにボクシングの試合を見るため脚を運びました。あそこは依然としてあなたが運営なされているのですか?

 いえ、今は市が経費を負担しています。あのジムもそうですが、今まで私がこの仕事で作ってきたサッカー、バスケットやベースボールなどのコートも全てはまず子供達をアルコールやドラッグが行き交うストリートに近づけさせない為なのです。

ーー会場は決して安全とは言えぬ立地にあるように感じました。

 確かにそうかもしれません。ですからあのような地域に住む子供達にスポーツを通じて継続、積み重ねといった生きて行く為に必要な精神を学んでいってほしいと思っているのです。

ーーそれはある意味ラテン・アメリカ全体に言えることかもしれないですね(笑)。

 ハイ、私もそう思います(笑い)。あなた方日本人は戦後、それらの努力により世界一のテクノロジー大国となった。それでは私達ラテン・アメリカの人々も各々の内戦後、同じように立ち上がらなければならない、のですが、私達は日本人ではないのですよ(笑)。私達はもっと責任感を持ち、自分を信じなければなりません。

ーー今もボクシングの現場には関わっておられるのですか?

 いえ、今の私には市の為の仕事があるので、昔のようにはボクシングにはもう関わっていません。時にボクシングの番組に出演することもありますが、役割もだいぶ以前とは変わりました。

ーーローマン”チョコラテ”ゴンザレスを指導されていると聞きましたが?

 はい、教えていました。今、彼は日本のプロモーターと契約しましたよね?(帝拳ジムとプロモート契約し、11月3日エリベルト・ゲボンを初回KOし、日本に衝撃を与えた。)彼は非常に才能のある選手です。確かに彼にはテクニックなども教えましたが、私が彼に伝えていたことは、よりメンタル面のことです。常に練習を怠らず、自分が国を代表しているのだと言うことを忘れぬようにと伝えていました。そしてこれは私の信念なのですが”真実”のスポーツとは国々を結びつけるものなのだ、ということです。彼にはそのような意味でも大いに期待しています。

ーー来月にニカラグアのリカルド・マヨルガがフェルナンド・バルガスと試合をしますが、彼についてはどう思われますか?今の話しを聞いてるかぎりでは彼はあなたの考えと真逆に位置しているように思うのですが?

 私は彼に直接会ったことはないので個人的な性格は知りませんが、今までの色々な行動を見るかぎりでは、確かに彼には同意しかねます。本物のボクサーとは喋りすぎるものではなく、常に良いコンディションを保ち、試合までには最高にまで持っていくものだと考えています。しかし私には彼が常にグッドシェイプをしているとは思えません。私はコンディショニングとは身体を作ることのみならずメンタルも同時に作り上げることなのだと考えています。

ーー海外の試合なども観戦はもうされていないのですか?

 良いカードがあればテレビでたまに見ることもありますが、やはり以前程は観てはいませんね。

ーーあなたが戦っていた時代と比べ現在のボクシングをどのように思われますか?

 今のボクシングはミスマッチが少し多いように思いまね。

ーータイトルの数が増えたことや、タイトル以上により多くのファイトマネーを優先するボクサーが増えていることについては?

 タイトルの数や金銭は問題ではないのです。私が言いたいのは、今の彼等の経験値がその舞台に相応しい選手ばかりではない、ということです。私の時代では50戦、60戦と試合をこなしていく中でナショナルチャンピオン、地域チャンピオンとなり、世界に挑戦する、というステップがあった。しかし今は、アマチュアで経験があるとはいえ、僅かなプロの試合数の後に世界に挑戦する選手が増えている。身体的にはともかくメンタル的にはまだその舞台まで足りない選手が多いように感じます。

ーあなたは常に強い相手に挑んできましたね、

 私は現役時代、全ての時において自分のベストを尽くしてきました。そしてそれは今でも変わりはしないのです。現在の私の仕事も非常にタフなチャレンジですが、これはあの時と少しも劣らない”素晴らしいチャレンジ”なのです。

ーー今でも数多くのボクシングファンはニカラグアと言えば、まずあなたのことを思い浮かべます。

 私はどこの国に行って戦っていても常に自分がニカラグアの代表で、その場所で自国の国旗が掲げられることを誇らしく思い、戦ってきました。これからもゴンザレスのようなボクサーを通じて日本とニカラグアの関係が深まるとよいと思います。

ーー外交という面目でならあなたもまた日本に来日できますか?

 そうですね(笑)。その時を楽しみにしています。


PR



 10月4日、ドイツのバンベルグにて予定されていたアーサー・アブラヒムが保持するIBF世界ミドル級タイトルマッチは彼が当日インフルエンザにかかった為11月8日に延期された。僕はその試合を観戦するため現地に滞在していたが昼頃その延期の事を知り度肝を抜かれたものだった。
 そんな彼がピーターVSクリチコの試合を僕の真後ろで観戦しているではないか、彼に一言「あんたの試合の為に日本から来たのに(ウソ)」と言うと、「ごめんよ、でもマジでヤバかったんだよ。」との返事が友人の通訳を通して帰ってきた、どうやらアルメニア人の彼は英語は苦手らしい(僕と一緒ですね)。表情はよく、一週間前に試合が出来ない程に体調を崩したとは思えない程だった。
(嗚呼、お元気で何より、、、)
 そんな彼を密かに怒りを覚えつつヘビー級タイトルマッチ後にインタビューをした。

ーー:まず、、インフルエンザはうつさないでくださいね(笑)

アブラヒム(以下A):だから、もう治ったって言ったろ(笑)。

ーー:はい、そうですね。それでは何時頃復調してきたのですか?

A:翌日はもう大部よくなっていたよ、ただ試合の日は本当に動けない程、本当に体調を壊していたんだ。

ーー:今までに似たような体調を崩した経験はありましたか?

A:2006年9月の(エディソン)ミランダとの最初の試合のときがそうだった。ただあのときは何とかリングに立つ事は出来たよ。

ーー:11月8日に延期されたそのラウール・マルケスとの指名試合ですが、相手についてどのような印象を持っていますか?

A:彼はテクニックと経験を持つタフな挑戦者ではあるけど、俺のパワーに耐えられるとは思わないよ。今度は必ず当日にはグッドコンディションで試合に臨めると思うから、いい試合を期待してほしい。少なくとも今夜の試合よりかは面白くなると思う、俺の試合の方がもっとエキサイティングだよ(笑)!

ーー:それでは今夜のメインイベント(WBC世界ヘビー級タイトルマッチ)はどのように感じましたか?

A:はっきり言って退屈だった。確かにクリチコはパンチもあるし背もでかいけど、彼は4年もブランクがあり、後半に入れば必ずその影響が出ていたと思う。ピーターには前半からもっと積極的にインサイド勝負を仕掛けてもらいたかった。そうすればもっと面白い試合になったんじゃないかな。

ーー:あなたはずっと同級のケリー・パブリック(WBC、WBO王者)との試合を望んでいますね、彼は10月18日にバーナード・ホプキンスとL・ヘビー級で対戦をします(結果はホプキンス大差判定勝ちの大番狂わせ!)。この試合についてどう思われますか?

A:パブリックには是非勝ってもらわないと困る、何故なら俺が彼に最初に黒星をつけたいからだ。次の試合に勝ったらアメリカで彼と対戦しても構わない、俺は彼に勝つ自信があるよ。


 実は彼の延期になった試合、悩んだ末にやはり観戦しにいこうと考えていました。彼がこのインタビューの時の「自分の試合の方が絶対エキサイティングになる」と言いう言葉がずっと頭に残っていたからです。
 しかし、
 何かの手違いにより(<自分のミスなんですけどね)ドイツ行きの航空券を間違えトルコ行きのものを購入してしまい(勿論キャンセル不可の格安券)、諦める事にしまいました(涙)。
 どうか今度の試合は当日風邪引かないで頑張ってくださいね、僕もトルコから良い試合になるよう応援しています。
 



 私がハンガリーの首都ブダペストに訪れたのはここで行われるというボクシングの試合を観戦する為だったが、もう一つ気になり確かめておきたい事があった。
 この日の試合をプロモートするズルタン・ペトラニという人物に会ってみたかったからだ。
 彼の戦績は40勝20敗8KOと群を抜いたものではなかった。勝ち星も大半が負けの込んでいる相手、負けは他国のホープに経験を積ませる相手として呼ばれた噛ませ的な立場のものが多かった。そして年齢もボクサーとしては決して若くはない42という高齢だ。

 そんな彼が約2ヶ月後の9月12日、自国ハンガリーでなんとアメリカ、ブルックリン出身の元WBA,WBC,IBF世界統一王者、リディック・ボウと対戦をするというのだ。それを知ったのは私が現在のヨーロッパ旅行で試合のスケジュールを調べていたときだった。
 ボウは2005年4月を最後に引退をしている。それで最初、私が思った事が、大金を積んでローカルのホープが引退中の元世界王者を引きずり出したのだろう、という事だった。
 しかし肝心の相手の戦績を見るととても先を望めるようなものではなかった事、そしてこの試合のプロモーターの名が彼自身だった事で私は彼に興味を覚えたのだった。

 そして試合が終わった後、地元記者の通訳を通じて少し話しを聞く事が出来たのだ。

ーー:あなたとボウが試合をハンガリーで行うと聞いたのですが本当ですか?

ペトラニ(以下P):そうです。私は彼と戦う事になりました。事の運びはこういう事です。まず3ヶ月程前、私の元マネージャーであり現在のボウのマネージャーでもある一人の男が私に連絡をよこしました。何でも聞くと、2ヶ月後、ボウがボクシングに復帰をする、その対戦相手を捜しているので誰か手頃な相手はいないか?という話しでした。そしてその話しを聞き私自身が彼と試合をしてみたいと考え、そのマネージャーに打診したのです。そして2日後、彼からOKの声を聞いたのです。
 本来ならばデンマーク開催の予定でしたが、私の自国に変わり、日時も8月から9月にまでずれ込む事になりました。

ーー:何故対戦を希望したのですか?

P:彼は偉大な元世界王者です、一生でどれほどの選手が彼のような元王者と戦う事ができるでしょうか?今、私はプロモーターでもありますが、まだファイターでもあるのです。私は現在42歳で、若くはない事は分かっています、しかし私はそれでも今年既に3試合をこなしています。私は戦う準備ができているのです。
 自国民達に良い試合を見せられたらと思っています。


 私は試合会場で彼と出会った。体格はヘビー級らしく、がっしりとし握手はとても力強かった。しかし、その年齢的から感じさせる外見はやはりボクサーというよりもむしろプロモーター、マネージャーといった方がしっくりとした。
 短いインタビューの中、彼とかわした最後の会話が印象に残った。

「じゃぁ、あなたは今トレーナーであり、プロモーター、マッチメッカー、マネージャーでもあり、そしてファイターなんですね?」
 わたしが笑いながらそう聞くと、彼も笑いながら言った、
「そしてファザーでもあります。」

 そんな会話後思ったのは、果たして自分にこの中で何か満足にできる事が一つでもあるのだろうか、という事だった。




 
 



 7月5日、WBA王者フェリックス・シュトゥルムは3ー0の判定で#1コンテンダー、ランディ・グリフィンに3ー0の完勝でリマッチを制しました。そして先日、たまたまボクシング会場で居合わせた彼に幾つか質問をしてみました。


ーこの間の試合の感想はどうだった?

S;試合前に立てたプラン通りに進める事ができたよ。ジャブで前半をリードして後半にチャンスがあれば右を当てようと考えていたんだ。彼とはいつかはやらなければならないと思っていたから(前回の試合はグリフィン健闘のドロー防衛だった。)、明確な形で勝ててよかったよ。グリフィンは非常にタフで決して諦めなかった、だから最後まで気を抜く事ができなかったね。

ーWBAタイトルも4度防衛し、そろそろ次のステップのことも考えている?君の階級のにはWBC、WBO統一王者のケリー・パブリック(米国、34−0−0、30KOs)と君と同じドイツで活動するIBF王者のアーサー・アブラハム(アレマニア、27−0−0、22KOs)がいる。共に強打で無敗、6月の防衛戦を無難に各自KO防衛している。君たちがぶつかってもよい頃ではないだろうか?

S:そうだね、統一戦は僕も興味がある。特にケリー・パブリックは今僕達の階級でナンバー1だと思われているから、彼との対決はいつか実現させたいと思っているよ。アーサー・アブラハムについてもパワーとタフネスさをかけ備えたボクサーだ。僕はどちらとも対戦する準備は常にできてるよ。


ーDLホーヤ戦ついて聞きたいのだけれど今でもあれは君が勝った試合だったと思ってる?

S:確かのあの試合の判定には納得していないけど、あの試合のおかげで米国でも自分を認知される事になったし、彼にあのようなグレートなボクサー相手にあのような試合をできた事で自信も深めたよ、だからあの試合後、僕はまた王者に返り咲けたんだよ。

ー今後の予定は?

 今は試合が終わったばかりだから少し休みたい、でも多分、年内には11月頃にはもう一度試合をできたらいいと思っているよ。


* HOME *
  • ABOUT
5年のNY生活、約2年の旅を振り返ります!
  • 王者になるまで
  • 八王子中屋ジム試合風景
  • 八王子中屋ジム練習風景
  • 最新CM
[05/09 ジムHP管理人]
[05/05 あめちゃん]
[08/04 管理人]
[08/04 管理人]
[08/02 ボクサーひこ]
  • カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
  • プロフィール
■管理人:
中屋一生
■中屋一生 E-mail issei45456@hotmail.com

■掲載した記事・画像・映像を無断で複製・転載・販売することは固くお断り致します。

プライバシーポリシーについて
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
Copyright © 諸国漫遊記 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]