忍者ブログ
Admin*Write*Comment
諸国漫遊記
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


(うーん、現代を見るとなんでイタリアの人たちはこのようなものを作れたのだろうか、不思議でしょうがな、、

 ただ今昔からの友人がイタリアに行っています。

 そのイタリア、僕も3年前に二度程訪れた事がある。

 もうね、皆適当でね。全員が、とは言わないよ。現日本サッカー代表監督ザッケロー二氏なんか真面目そのものじゃないですか!まぁ、でも皆だと僕は思ってい、、

 そんなイタリア、もし日本人が初めて訪れた海外の国がここだったら、驚く事が多いんじゃないだろうか。

 そりゃインドや中南米なんか想像していなかった事ばかりで驚いてばかりだと思うんだ。

 でもね、きっとイタリア行きを決めた人は、この国を想像してると思うんだよ。

 インド等ではしても全く自分の頭の中には描ける事はないでしょう、殆ど知らん事ばかりだからだ。

 でもイタリアなら多分想像してから行く。

 良い部分をきっとイメージ出来て、まだ行ってもいないのにそれがイタリアだと決めてから、現地を訪れる。そしてその自分と現実の狭間、ギャップに驚くのではないかと思います。

 その狭間とは何か?具体的に言、う必要は多分無いだろう。単純に日本と比べると全てが適当なのだ(あれ、もう最初に書い、、?)

 比べないで、出来るだけ現地にとけ込む事が楽しむコツかと思われます。


 *八王子中屋BOX

  再び旅立った野崎雅光!次のメキシコ試合は3ヶ月連続!
PR

 イタリアにあるローマには、それはそれは素晴らしい建物や彫刻が街の至る所で立ち並んでいるんだ。

 さすがは世界遺産、と唸るような芸術の数々、そんな古代ローマ人の極上の美を堪能した後に、振り返ればそこには現在ローマ人の最上の怠けがそこに、、、

 何千年も前の建物とは思えないその保存状態、決してほっておいたから自然に遺産へと変化したとは思ってないよ。

 しかしそんな中、たまに僕の理解、想像を超える品々が置いてあるのです、、


(何だこりゃ!?何故、生まれて来たん、、

 作り直してないか?完成されているのか?いったい何故残っているんだ?

 色々な疑問が駆け巡るけれど、その答えは旅の間ついに掴めなかった。

 きっと僕のセンスがないんだ、きっと、、

 なくてもいいや、と思った。


 *八王子中屋BOX

 何とか二人揃ってTKO勝利した速報について
  応援有り難うございました!

 試合直前の日本ライト級王者の荒川仁人、東洋太平洋&日本スーパーウェルター級王者のチャーリー太田のインタビューについて
  【荒川仁人・チャーリー太田のW防衛戦】インタビュー

(嗚呼、2年後がこんな夏になるなんで、、)

 暑い、毎日が猛暑の2010年、日本の夏。

 この暑さは2年前の夏、イタリアのことを思い出させる。

 イタリアも暑かった、太陽がギラギラでね、少し歩けば汗がびっしょりとかいてしまう状態だったんだ。今の日本も一緒、もはや汗をかく為に歩いているような錯覚に陥ってしまうよ。

 それにしても、日陰に入ればイタリアは本当に涼しかった。もはやその場から動く気にはなれなかったよ。しかし、日本の日陰は何なのか、、、日の下でダラダラと、日陰ではジトジトと、、、、

 しかし、夜が蒸していたのは同じだった気がする。暑くて中々寝付けなかったんだ。

 そんな日は夜道を涼しみながら歩いた。観光地は安全だったからね。

 そうヨーロッパは基本的に安全で、夜も出歩いたりできたんだよ。その前の中南米大陸ではちょっとした決意を持って夜道を歩いたものだ。

 そんなベローナの夜道で人に追われたのは、今にしてみれば良い思い出だ。暑さと、油断で危うい所だった。

 日本でも気をつけようと思う。
 
 
 *八王子中屋BOX

 チャーリー太田、荒川仁人の両王者が各雑誌に掲載されていることについて
  チャーリー、荒川、各誌に登場!

(なんてこった、、)

 2年前の夏、僕はイタリアのローマにいた。

 色々あったのだけれど、この日の夜にローマのどこかでイタリアS・ミドル級のタイトルマッチが行われるとの噂を嗅ぎ付け、ミラノから飛んで、は行かず、電車で数時間遅れで到着したのだ。

 その後、どこで行われるのかも定かではない試合会場を求め、ローマの市街地をぐるぐる回る事数時間後、それらしき場所を発見した。

 おや、何やらボロボロだぞ、こんな所で試合出来るのかね、

 ってここはローマコロシアムじゃないか!!近代の今、誰も半裸になって戦っている訳がない!

 ということで、結局見つからなかったんだよ、会場。ボクシングのジムは文明機器インターネットで調べあげたんだけどね、こっちも見つからなかったんだよ。

 焦って走ってはアイスを食い、人に聞いてはジュースを飲み、道に迷っては、そこらで休み、って8月のローマは会場を探すのには暑すぎた。そして日も落ちて夜空が目の前に広がって行ったんだ。

 外観のコロシアムから半裸のイタリア人達の殴り合いを想像した。また暑苦しくなって来ていた。

 翌日の新聞で、試合のなかった事を確認した、、、


 *八王子中屋BOX

 東洋太平洋/日本スーパー・ウェルター級王者チャーリー太田のOPBFのベルトが到着した事について
 チャーリー太田の東洋太平洋ベルトが到着!

(その働きぶりが許し難い、、しかし何故だろう、もう一度訪れてみたくなるのは、、)

 皆、イタリアって国を知っているかい?

 僕、行ってきたんだよ、去年の夏に。そしたらさ、酷いんだよ、列車のサービスが。

 あれはミラノからローマへ向かう列車の中でのことだった。

 まず列車の中が暑い。

 何じゃこりゃぁ!

 いや、夏は暑いの当たり前なんだ。しかし、その為のエアコン代がはいっているからあんなにチケットが高額なんだろー!?

 して、そんな暑さが乗客を煽り立てる。

 特に僕の側のおっちゃん達が、何やら五月蝿い。

 分ったよ!君らはこの列車1時間も待ったんだろ、気持ちは分る、ちなみに僕は2時間待った。しかしその話しを隣りの僕が、数時間も聞かされる義務はない。

 そして列車の乗務員、もう少しがんばれるだろ、、、

 いくら暑いからってアイス片手に乗客の対応をするんじゃない!

 しかも食い終わりのアイスバーをかっこ良さげに(斜めの角度で)くわえるな!

 サービスの予感すらそこにはなかった。
 
 そして列車は華麗に3時間もの時間を超過してローマにたどり着いたのだった。

 観戦予定だったボクシングの試合は、会場にさえたどり着けなかった、、、

 どうやらイタリアという国は僕に怒りのエネルギーを著しく与える国家の様だ。

 あの怒りは皆にも分けてあげたいくらいだったなぁ。

 い、いい国だよ、イタリア。
  • ABOUT
5年のNY生活、約2年の旅を振り返ります!
  • 王者になるまで
  • 八王子中屋ジム試合風景
  • 八王子中屋ジム練習風景
  • 最新CM
[05/09 ジムHP管理人]
[05/05 あめちゃん]
[08/04 管理人]
[08/04 管理人]
[08/02 ボクサーひこ]
  • カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  • プロフィール
■管理人:
中屋一生
■中屋一生 E-mail issei45456@hotmail.com

■掲載した記事・画像・映像を無断で複製・転載・販売することは固くお断り致します。

プライバシーポリシーについて
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
Copyright © 諸国漫遊記 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]