忍者ブログ
Admin*Write*Comment
諸国漫遊記
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


(目的はいったい何なんだ、述べよ)


 ローマを去年の夏にほっつき歩いていたときのこと。

 もう、暑くてね、何も見る気が起きないんだよ、まいった。

 日陰、公園のベンチ、教会と、あらゆる公共の場を利用して散々休んでいてね。もはや、観光するために休むのではなく、休むために観光しているのではないか、と錯覚してしまいそうなほどだったよ。

 なんてこった、僕はすでにこのとき1年旅していたのに、全然観光地慣れしていなかったようなんだ。

 まぁ、無理もないね、中南米では試合の会場やジム、誰かの家、などなど、もはや観光とはなんら関係を持たぬところばかりを訪れていたからだ。

 何かを探している人間というのは、きっと必死なんだろうね、いつも気づけば日が暮れていたものだったよ。

 そして観光地ではその努力を蒙る必要がないんだよ、どこかで退屈していたのかもしれないなぁ。

 
 多分、そんな気分になっていたかもしれないローマの青空の下、道の木陰で休んでいるときに遭遇したのが写真の彼だよ。

 足を垂直にぴんと伸ばしてね、扇のごとく開いては、閉じていたんだ。

 旅を終え、時間がたつにつれて精細な部分があいまいになってきている今日この頃、思い出したローマが彼の姿だった。
 
 

 嗚呼、どんな旅だったんだ、自分の旅は、、

 
 と、なりたくないので、これからもできるだけ思い出してここに書いていきたいと思います。
PR

(それでももう一回イタリーは言ってみたい、南とか。)

 新聞読んでたら、何かローマ今夏ヤバいらしいよ。

 『観光客日本人急減、低サービス影響?』

 だってさ、

 02年のユーロ流通で物価水準の上昇、飛行機の燃料サーチャージ値上げや、新型インフルエンザの影響などなど、ここ一年で色々あった事がイタリーを直撃したようです。

 なるほどね、と思いつつ読み進めると、その他ホテル、レストランのサービスが悪い事や、世界遺産などの観光資源にあぐらをかいた『殿様商売』によるサービスの低下を指摘していた。

 値段上がってサービス下がって、、、日本じゃ値段下がって、サービス保って、、(一般レベル、の日本のサービスは凄すぎます。)、
 日本人のみんなは本当に頑張っているよ、僕ら(自分、加わってもよろしいか?)のしている事は誰もまねできん!
 
 ああ、分かるよ紙面君の言わんとしている事が。”観光資源にあぐらをかいた”ってあたりは五感で感じて来たよ、去年の今頃。

 アイスクリームやパスタは確かにおいしかったけどね。

ローマを歩く 1
 http://nakaya8issei.blog.shinobi.jp/Entry/48/

 
 いやぁ、でも面白かったね、ローマ。僕はエンジョイしていたようだよ。

 これ読み返すまで知らなかった、、、

 ローマの皆も頑張って、タバコ吸いながらアイスをスクープするのはどうかと思うけど、、、
 
 色々迷ったあげく、結局はイタリアに一時戻ることにしました。
 向った先はベローナ、何でも”ロミオとジュリエット”の舞台になった場所らしいです。


(スロベニアから夜に電車を乗り継いで、ベニスで3時間程深夜に待ちましたよ、もう全く)

 ベローナに着いたのが朝8時頃、しかし宿のチェックインが1時とのこと、、、、
 そこらへんをぶらつき、時間をつぶしてから、街を夕方頃歩き回りました。
 まぁ、特に何が見たかった、というものもなかったのですが、とりあえずはここで最も有名な”ジュリエットの家”にでも行ってみるかということで街の中心に向いました。
 そしてついた彼女の家、さすが観光名所だけあってたくさんの人がにぎわっておりました。ジュリエットの像やあの有名なベランダもあり、「嗚呼、ここで彼等はいちゃついていたのだなぁ、、」と感銘にふけり、ウィンドウショッピング、ピザ、ジェラートなどを堪能し、一日を終えました。


(ここが、”カサ・デ・ジュリエッタ”です)


(ジュリエットの像。胸から腰にかけて重点的にセクハラされ続けているようです)


(このベランダで昔々彼等はあいを語らったわけです)


(そして現在はなんかスパニッシュのおばちゃんが「アモ〜レ!」と叫んでました、、、)


(入り口の門にはたくさんの落書き恋文が書かれてました。なんか、、)


(普通の家がこんな装飾された状態なのです)


(ダンテ、イタリア人だったんですね。あなたの哲学イタリア人しっかり受け継がれていると良いですね。)


(もう一つの名物、円形劇場、こちらは音楽や劇の為の物のようだったようですよ)


 この日、夜までベネチアで会うことが出来なかった人物(彼は今山で休暇中)の連絡を待っていたのですが、受けることが出来なかったので、目的地をイタリアの山脈からチューリッヒに変えることにしました。

 それで今、チューリッヒにおります。
 19日にはスロバキアでボクシングの試合があるのでそれまでここに滞在するかもしれません、
 嗚呼、予定が上手く組めない、、、

 

(いかにもベネチアって感じですね)

 え〜と、今、ブダペスト(クロアチア)なんですけど、とりあえず一昨日は数時間だけベネチアにいました。

 次の日ブダペストでボクシングの試合だったので、ベネチアは通過点として軽く見る程度に過ごしました。
 ただ、ある人との約束で時間があればある人に会いに行くという目的があったので、住所片手に向ったわけですよ。
 それで、もうネットで検索した場所とは少し違う場所に目的の建物を見つけたのわけですが、その人、そこには住んでないって現住民達がいうんですよ。
 それで自分が相手の電話番号を持っていたのに気付いて電話かけてみたら、今、家族でどこかに出かけているそうなのです。

(何故自分はここにいるのだろう、、、)という思いと、光の速さで減って行くコインを見て、軽い失望感に襲われました。
 まぁ、行く前の連絡取っておかないでいた自分が悪いんですけどね。

 そんな感じであまりにも無力な自分でしたが、とりあえず相手に口頭で伝言だけでも伝えておきました。

 ベネチア、消化不良で終わってしまった気分です、、
 無念!


(なんか迷路みたいな場所でした)


(ここなんかアメリカ人の何%かは横走行でないと入れないのでは、、)


(ここにも教会、嗚呼、この側にその相手は住んでいる予定だったんですけどね、、)


(リアルト橋)


(橋の上、こうして見るとただの商店街ですね)


(橋からの眺め)

夜中は狂ったフランス人達が乗る深夜列車でブタペストに向いました




(バチカン、サン・ピエトロ広場)

 今日はバチカン市国へ行って参りました。

 噂には聞いていたんですが、本当にここはひとつの違う国として扱われているようです。実際は何も感じませんでしたが、本にそう書いてありました。
 でっ、別にカトリックでも何物でもない私が冷やかし半分で見に行ったわけですよ、そして第一の警備を通過し、第二関門を迎えた時一人の警備員がなんか行ってるわけですよ「イヤ、君は入れないよ」「は?」ってナ感じですっとぼけてたら、どうやら教会内に入るには肩が隠れるような服装でしか中に入れないというのですよ!
 この日僕はこの旅約2度目のタンクトップをたまたま着用していまして、見事に追い返されてしまいました。
 そうしてもうこの日する事が既に終了してしまった事に驚きを覚えつつ、サン・ピエトロ広場でぼんやり座っていたわけです、、、


(警備員、警察かな?)


(あっ、書いてありましたね、分かりやすすぎる程)


 そこでしばらくぼんやりとしていたら側にいた一人の男と「暑いね〜」「イヤ、ごもっとも」みたいな話しをしていたんですよ、聞くと彼はバルセロナからきたバックパッカーのようで昨日は野宿してどでかいネズミを見た、と言っていました。たしかに座っている背中にはバックパックがありました。
 彼はスペイン語しか話せなかったのですが、こちらもかろうじて喋れたので(中南米旅行の遺産!)しばらく話してました。そこで「イヤね、肩が見える服装じゃ教会内に入れない、っていうんだよ。」と彼に愚痴をこぼしていると「じゃ、俺の持ってるシャツ着て一緒に入ろう」と言う事になり、協会内に何とか入る事ができました。
 これで僕は”ピエタ像”を見る事ができたのです。ジョルディ君、ありがとう。
 

(なんか色々ありましたが、、)


(”ピエタ像”これを見てみたかったんですよ!)


(ただ、手前にはガラスが張られており、近くまで侵入する事が出来ず、日の光の照り帰りの所為であんましよく見えませんでした(涙))


(彼がジョルディ君(28歳)!本当にありがとう)


(これがジョルディ君(バルセロナ出身)のシャツ、青と黒のストライプが眩しい!)


(えっと、これはナンですかね?)


(歴代の法王の名が刻まれております、)


(見た事歩きがします、これ。)


(光の漏れが美しかった)

 教会見学後、彼と「パスタ食いに行こう」という事になり二人でチックの微妙なレストランへ行きました。
 パスタとサラダそれにビールで乾杯し、今までの旅の事などを話し楽しく過ごしたわけですよ、そしてお会計が着たんですけど、僕は彼にビールぐらいはせめて奢ろうと思っていました。
 ところが、ナインですよ、お金が、十分に、、、

 もうね、人にはしていい事と悪い事があるというのならばこれは間違いなく後者ですよ。これは僕の毎度のミスでたまに起きる、人に迷惑かけてしまう典型的な悪いパターンです、、
 結局、彼に逆にビールを奢られてしまったのです、、、
 嗚呼、なんてこった、、、

 その後彼は「スペイン広場に行って寝る」と逞しい事を言っていたわけですけど、そんな彼に僕ができることといったら、彼は「カメラは持ってない、頭の中に全て納めるから大丈夫」という、またカッコいい事言う男だったんで、「じゃ、今回の写真や昨日のローマのヤツも色々送るから」と、カッコ良くないことしか僕は言えませんでした、、、

 
 
(色々ごめんなさい、何時かまた会いましょうね)

 明日はベニスに行って、その夜にハンガリー、ブダペストに行きます。久しぶりの試合があるのです。ちなみ生だプロモーターと連絡とれてないです、まぁ、どうにかなるでしょう(ちなみにローマの試合はやらなかったようです、、嗚呼、、)

 それではまた


(そこの君!フンをするでない!)
  • ABOUT
5年のNY生活、約2年の旅を振り返ります!
  • 王者になるまで
  • 八王子中屋ジム試合風景
  • 八王子中屋ジム練習風景
  • 最新CM
[05/09 ジムHP管理人]
[05/05 あめちゃん]
[08/04 管理人]
[08/04 管理人]
[08/02 ボクサーひこ]
  • カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
  • プロフィール
■管理人:
中屋一生
■中屋一生 E-mail issei45456@hotmail.com

■掲載した記事・画像・映像を無断で複製・転載・販売することは固くお断り致します。

プライバシーポリシーについて
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
Copyright © 諸国漫遊記 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]