忍者ブログ
Admin*Write*Comment
諸国漫遊記
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


(シャドーしても大丈夫な場所もあれば、社内でランチャーをぶっぱなされる場所もある国、メキシコ。)

 何でも、

 麻薬をめぐる抗争が続くメキシコで、取材にあたるジャーナリストが命の危険にさらされる中、同国ヌエボラレド市の新聞社は11日、麻薬戦争に関連する取材を打ち切ると明らかにした。

 らしいんだ。

 先日は社屋にグレネードランチャー(!?)が撃ち込まれるなどの襲撃を受けたらしい。グ、グレネードランチャー!?あの細長い肩で構えるあれですか!?

 メキシコでは旅したときも仕事で行ったときも、そんなに危険な目には合わなかったけど、帰ってきてから刺激的なニュースをよく耳にする。

 きっと命がけの取材の日々だったのだろうね、時に危険と分かっていても飛び込まなければ行けない事がある。

 僕の中南米の旅の間は偽ライターというジャーナリストだったから、その気持ちはよくわかるんだ、って、いうか自分は誰にも頼まれていなかったし、そもそも行く必要は別になかった場所ばかりだったけどね、、

 メキシコの麻薬取材の記者さん達、取り敢えずはお疲れさまでした。

 
PR

(わーい、どっちもよかったよ。)

 去年の今頃、自分はメキシコにいた。

 今年はウクライナだった。

 いやー、まさかこんなに各地に行く機会があるとはその1年前にも思わなんだ。

 まぁ、自分でそうしたいと思って実行した訳なのだけれど。

 目標に対して去年は力が入りすぎていたのだけれど、今年は力が抜けている部分もあった。経験が活きた気もしないでもない。

 そしてまた、メキシコへその経験を活かしに戻りたいと思う気持ちもあるのだ。

 まぁ、その努力しないとその機会も得る事が出来ないのも分かった気がする。

 暑かったメキシコの5月、少しだけ肌寒かったウクライナの5月、ちょうど良い日本の5月、今年も5月で年を重ねた。

 

(いつかの神々しさは今は、優しさへ、、)

 昨日まで、メキシコのグアダラハラに滞在していた自分。

 18日はWBC世界S・ウェルター級タイトルマッチの会場に足を運んでいたんだ。

 そしたらリングサイドで見慣れたボクサーの姿が、、

 あ〜、ロイ・ジョーンズJrだ!

 どうやらこの日は若きチャンピオン、サウル”カネロ”アルバレスの試合のゲストアナリストとしてグアダラハラ入りをしていたようだった。

 今でも現役と公言するそのキャリアは、相手を選び抜いた全盛期の安全運転がどうしてしまったのか、晩年の今は世界各地で大暴走。

 凋落の原因、もちろんドライバーはジョーンズ自身。嗚呼、やっぱり感覚以上に計画を持って練習を続けないと行けないのだろうか、と考えさせられる今の彼。

 それにしてもアナリストのジョーンズは皆に笑顔を見せるジェントルマンだった。それがなぜか今、むなしい、、

 僕はHBOのテレビ放送を見ていないのだけれど、彼は上手く喋れたのだろうか?まぁ、自分でラップの音源を発表しているくらいだから、大丈夫でしょう。

 人は年をとる。しかしそれを重ねられた人と、重ねられなかった人がいる。ロイ・ジョーンズJrはどうなのだろうか。

 あの音楽に費やした時間、その行いが全盛期ではなく、今、だったら、彼の今のキャリアも随分と変わっていたのだろうか。


 八王子中屋BOX

  野崎雅光,一時帰国!横田知之,帰東!荒川仁人は被災地へ

  6月19日(日)横田知之「琉球拳闘伝~東北関東大震災チャリティー試合~」

  野崎雅光・横田知之選手の試合結果!

  横田知之の新30の質問

(うーん、思っていたより背は高くなかったです。)

 ただ今、再びメキシコのグアダラハラに来ている自分。

 明日、行なわれるWBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチの主役、サウル”カネロ”アルバレスをトレーニングをしているジムで見かけた。

 もう調整の最終段階だったから、特別なものは見れなかったのだけれど、周りに人が多くいたり、ジムの入り口を閉め切っていたりと、彼への配慮が随所に感じさせたんだ。

 そもそもカネロの所属するカネロ・プロモーションは彼が全ての状態だから、明日の初防衛戦は本当に大切なものなのだ。しかし、それでも対戦相手にサウスポーの強打者を選ぶ所等がこちらでの人気を更に高めているのかもしれないね。

 物静かな印象を受けたのは、試合前の疲労、現象による物か、あるいは素の性格か。または周りがただうるさすぎるだ、、

 カネロの知名度はメキシコ国内では本当に高く、自分が宿泊していたアパートの近くでも、皆とても敏感に反応していたよ。うーん、スターは作られる物なのか、作られてゆくのか。

 明日はそれを間近で見れるのは楽しみである。


 *八王子中屋BOX

  明日がメキシコ第2戦、野崎雅光の為のいろいろ

  野崎雅光、メキシコ、グアダラハラの計量

  横田知之、沖縄に向けて

  荒川、淵上、林に続け!野崎、横田そして丸山!

  6/18メキシコ進出第2戦!野崎雅光の新30の質問

  6月13日 荒川仁人・淵上誠のW日本タイトルマッチ&林和希の初6回戦!
 

(わーい、何ラウンドだっけ今、、

 ただ今、メキシコのマサトランにいる自分。

 昨日はここで行なわれた元2階級王者のホルヘ・リナレスの試合を観戦した。

 うーん、早いね、リナレス。初回から倒して、その後も圧倒。ちょっと強引に攻めていたけれど、力の差そのままに、7回にロープに詰まった相手を連打した所でレフェリーがストップ。これで本格的にライト級にて3階級制覇を目指すことでしょう。

 何でも聞いた話しでは、最初予定していた相手のコロンビアンは直前にビザの問題でメキシコに入国出来ず、急遽、メキシコ人の相手と試合をすることになったらしい。

 ゴールデンボーイプロモーション、帝拳ジムのような大手が抱える2階級制覇の王者でもそんな事態が起こるのだから、ローカルレベルではなにが起きても驚くべきではないのかもしれないね。

 予定が予定通りにほぼ進む日本、予定があくまでも予定でしかないメキシコ(あるいは諸外国)。

 ははーん、だから日本人は話し合い、会議をたくさんした末に物事を決めるのかもしれないね、

 そこで決まったことが形を変えずにそのまま実行され完成する可能性が大だからだ。あるいは他国では取り敢えず予定を決めて、そこからあらゆる変化を見せて完成に近づくのかもしれないなぁ。

 ある意味、そんな大きく異なる文化で育ったリナレスが日本に順応(日本語つきで)していることは改めてすごいのだと思った。


 *八王子中屋BOX

  野崎雅光 慣れない環境、度重なる変更、崩した体調の中、メキシコデビュー戦判定勝利

  野崎雅光、リナレスの試合と少しの休暇
  • ABOUT
5年のNY生活、約2年の旅を振り返ります!
  • 王者になるまで
  • 八王子中屋ジム試合風景
  • 八王子中屋ジム練習風景
  • 最新CM
[05/09 ジムHP管理人]
[05/05 あめちゃん]
[08/04 管理人]
[08/04 管理人]
[08/02 ボクサーひこ]
  • カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • プロフィール
■管理人:
中屋一生
■中屋一生 E-mail issei45456@hotmail.com

■掲載した記事・画像・映像を無断で複製・転載・販売することは固くお断り致します。

プライバシーポリシーについて
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
Copyright © 諸国漫遊記 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]