忍者ブログ
Admin*Write*Comment
諸国漫遊記
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 スロバキアにはボクシングの試合を観に行ったんだ。

 試合の2日前にストロボという試合が行なわれる町に来たのだけれど、プロモーターの方がとても良くしてくれてね、試合前や中、後といろんなものが見れたんだ。

 そんなスロバキアの試合会場、なにやら今まで見た事ない不思議な光景がリングにあったんだ。


(何じゃこりゃ)

 何でも、スロバキア発の格闘技その名もK3、どっかで聞いた事がある名前なのは気のせいだろうか。

 他の格闘技と違う点がオープンフィンガーではなく、ボクシンググローブで寝技はほぼなしだの事。それだったらキックボクシングでいいんじゃな、、

 お客さんの方も戸惑っていたよ、きっと皆この競技が行なわれる事を知らなかったなろうね。

 そして戦っている選手も今一、総合的格闘技の魅力をアピール出来る程の実力があるようには見えなかったよ。

 プロモーターさんがボクシング関係者に何故この競技が混ざっているのかを一生懸命説明していた。

 興行を成立させるのはどの国でも難しいのだと、今、その立場になって自分も強く感じている。

 まぁ、こんな合わせ技は自分の所では考える事はないと思うけれど、、
PR

(た〜、ま、や〜!何か汚ならし、、

 ヨーロッパを旅した3年程前、東欧のスロバキアを訪れた。

 ボクシングの試合があったのだ。

 その試合がね、なんと野外で行なわれた無料試合だったんだよ。タイ以外でもそんな試合を行なっているんだね。

 どうやらこの日はお隣ハンガリー国の何かの記念日だとの事で、このイベントもそれに合わせて行なわれたと言っていたよ。

 ちょうどこのストロボと言う町が川を隔てた国境の町だった者で、お隣の国にも簡単に入れたもんだった。

 そんな川沿いで行なわれた野外試合、そのまっただ中、いきなり花火があちらのハンガリー側からぶっ放されたのだ。

 ちなみに、試合はちょうど休憩時間だった。

「そういえば、去年は試合中に花火が始まっちゃったなぁ。」

 隣の人が言う。え〜、計画的に時間をずらした訳じゃなく、ただの幸運!?

 この野外試合は毎年夏、同じ日に行なわれているらしい。

 小さなイベントだったけど、もう一度、自分が行きたいと思う場所はこんな所が多かった気がする。

 自分だけの道、自分だけの祭り、自分だけの旅だったのだ、と感じる今日、この頃。


 *八王子中屋BOX

 6月13日、試合目前、色々なインタビュー!

 メインで登場!丸山伸雄VS加藤善孝『角海老ボクシング EL VOLTAJE』

(僕が唯一で来た事、それは肉体労働なり)

 スロバキアへはボクシングを観戦する為に訪れた。

 事前に現地のプロモーターと連絡を取って実際に会うと、まぁ、本当に快く迎え入れてくれてね。参ってしまったよ。ホテルや食事なんかも用意して頂いて、何だか申し訳ない気持ち、何より感謝の気持ちで一杯になったんだ。

 そうして計量を見て、試合を観戦して迎えた翌日、青空ショーだった現場では朝は早くからリングの撤去が始まっていた。

 何だよ、言ってよ!手伝うよ!

 もうね普通に寝て朝をむかえていたことが恥ずかしくなってしまったよ。

 ということで僕も急遽解体に参加。まぁ、チェコへと向かう列車が来るまでこき使って下さいな。

 って、皆まとまりがなく、仕事の遅い事、遅い事、ここは中南米かい!

 と思いつつも、日本人程、手際よく動ける人達はそうはいない事を思い出した。

 ということで、何故だかいつの間にやら僕が、ある種の中心になっていたのは自然だったのかもしれないなぁ。途中参加ではあったが間違いなく僕が一番要領よく動いていたはずだ。しかしそんな僕は自分の国では一番役に立っていな、、

 そんな形でたまに感謝を形に出来たのは、僕にとってはとても嬉しい事だった。世界中の皆さん、有り難うございました。


 *八王子中屋BOX

 2月142の日本ミドル級タイトルマッチのセミセミで登場した日本スーパーフライ級6位の野崎雅光選手の試合について
  野崎雅光VS久保幸平 対応力を得る為に

(判定の知らせなんか待っちゃいられない!)

 東欧にある国、スロバキアを旅したのは2年前。

 野外で試合を行なっていてね、僕にとっては初めての外だったんだ。

 昼間から始まったこの日のショー、天気は良好、試合はびみょ、、

 何かのお祭りの中で行われた事、観戦無料だった事でスロバキアの民衆もずっとごった返していていたよ。料金取っていたら状況はかわっていただ、、

 そんな青空集会も、汗ばむ真っ昼間は(外が明るいという意味で)見応えがあったが、日が暮れ、次第に暗闇が広がって行くと、ライトこそ照らされてよい雰囲気で試合が進んでいたが、気候の方が次第に寒さを、東欧の夜の寒さを帯びるようになっていったんだ。

 もうね、半裸でリングに立つボクサー達、水着のみで歩いていたラウンドガール、Tシャツだけの観客と、その寒さに打ちのめされていたよ。

 選手達は大変だったはず、戦う相手以上に自分、以上にこの寒さと戦わなければならなかったはずだからだ。もう少し電力のあるライトをリングにぶっ放していれば、リング内の気温も変わっていたかもしれないけれど、ここのはパワー不足だったようですね。

「雨が降らなかっただけ良かった。」

 関係者の人が言っていた。そうだね、その通りだ。

 スロバキアの皆さんお疲れさまでした。


 *八王子中屋BOX

 新春1月8日に行われるトリプルメインに親子シートの”チャーリーBOX”販売について
  親子ペア半額シート『チャーリーBOX』も販売決定!

 2年前の夏、僕はハンガリーとスロバキアの国境付近にある町、ストロボにいた。ボクシングの試合を観戦する為だった。

 到着したストロボの列車の駅は両替所、電話一つなく、今回の試合のプロモーター、ラツィオ・パステルコ氏と連絡がとれずいきなり困ったものだ。あるのは荒野のみ。

 そんなスタートだったスロバキアだったが、その後はパステルコ氏に手厚く持て成してもらい、なんとか試合観戦は出来たんだ。有り難うございました。

 そんな東欧のローカルファイト、選手達は野外での試合を力のかぎり戦っていた。そいつは西側とそれほど変わらなかったんだ。

 そんな熱戦が繰り広げられている、リングサイドで不振な動きをしているセコンドを発見した。何やらロープが邪魔だったらしい、、


(ラウンド中のフラッシュを用いました撮影は、、っておい!)

 彼は自分の教え子のがんばりを思い出に残す為、シャッターを押し続けていた、、

 試合後、彼に話しかけた、

「い、いいの撮れた?」

「んにゃ、ダメだ。だって動くんだもんよコイツ。」

 そう言い、負けた選手と一緒にハイタッチ。

 世界は広いぜ、ボクシング!


 *八王子中屋BOX

 野崎雅光も試合決定!(2/27UP)
 
  • ABOUT
5年のNY生活、約2年の旅を振り返ります!
  • 王者になるまで
  • 八王子中屋ジム試合風景
  • 八王子中屋ジム練習風景
  • 最新CM
[05/09 ジムHP管理人]
[05/05 あめちゃん]
[08/04 管理人]
[08/04 管理人]
[08/02 ボクサーひこ]
  • カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • プロフィール
■管理人:
中屋一生
■中屋一生 E-mail issei45456@hotmail.com

■掲載した記事・画像・映像を無断で複製・転載・販売することは固くお断り致します。

プライバシーポリシーについて
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
Copyright © 諸国漫遊記 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]