忍者ブログ
Admin*Write*Comment
諸国漫遊記
[783]  [782]  [781]  [779]  [778]  [777]  [776]  [775]  [768]  [774]  [773
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 スロバキアにはボクシングの試合を観に行ったんだ。

 試合の2日前にストロボという試合が行なわれる町に来たのだけれど、プロモーターの方がとても良くしてくれてね、試合前や中、後といろんなものが見れたんだ。

 そんなスロバキアの試合会場、なにやら今まで見た事ない不思議な光景がリングにあったんだ。


(何じゃこりゃ)

 何でも、スロバキア発の格闘技その名もK3、どっかで聞いた事がある名前なのは気のせいだろうか。

 他の格闘技と違う点がオープンフィンガーではなく、ボクシンググローブで寝技はほぼなしだの事。それだったらキックボクシングでいいんじゃな、、

 お客さんの方も戸惑っていたよ、きっと皆この競技が行なわれる事を知らなかったなろうね。

 そして戦っている選手も今一、総合的格闘技の魅力をアピール出来る程の実力があるようには見えなかったよ。

 プロモーターさんがボクシング関係者に何故この競技が混ざっているのかを一生懸命説明していた。

 興行を成立させるのはどの国でも難しいのだと、今、その立場になって自分も強く感じている。

 まぁ、こんな合わせ技は自分の所では考える事はないと思うけれど、、
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メール
URL
コメント
文字色
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
  • 無題
KOKO 2012/07/12(Thu)03:13:27 編集
日本でいうシュートボクシングみたいなものですかね?中国の散打も似たような感じですね。スロバキアのプロボクシングってどんな感じなんですか?トップクラスの選手はどうなんでしょう?
  • 無題
管理人 2012/07/12(Thu)10:29:43 編集
KOKOさん
コメント有り難うございます。
シュートも投げまではありでしたよね?似ていたかもしれません。
スロバキアのボクシングはそんなにレベルは高くないようです。自国内で試合をこなし、ドイツやイギリス等の物価の違う国で咬ませとして呼ばれるパターンが多いみたいです。経済格差が生んだ、受容と供給がそこにはありました。
それを変えたいと思っていた人がこのイベントを開いたプロモーターさんでした。いつか旅の時のお礼が出来ればとは思っています。
  • 無題
KOKO 2012/07/12(Thu)15:33:56 編集
管理人さん
シュートボクシングは立ち関節技もありますね、確か。
スロバキアのボクシング事情、やはりそんな感じですか…
まあ日本はアジアにおいては、ユーロのドイツと同じような立場ですので、共感はできないですが、『それを変えたい』という思いは応援したいですね。マイナーな国から強い選手出てくると、面白く感じますし。このスポーツが国際的により広く、深く浸透することを望みます。
  • 無題
管理人 2012/07/14(Sat)23:34:18 編集
KOKOさん
コメント有り難うございます。
そうでしたね間接もありだったと聞いた事があります。
プロモーターのパストラ二とても優しい人でした。
一国の代表的な選手が各国で生まれたら、とても面白くなりますね!自分たちが頑張らないといけないと思っております!
  • ABOUT
5年のNY生活、約2年の旅を振り返ります!
  • 王者になるまで
  • 八王子中屋ジム試合風景
  • 八王子中屋ジム練習風景
  • 最新CM
[05/09 ジムHP管理人]
[05/05 あめちゃん]
[08/04 管理人]
[08/04 管理人]
[08/02 ボクサーひこ]
  • カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • プロフィール
■管理人:
中屋一生
■中屋一生 E-mail issei45456@hotmail.com

■掲載した記事・画像・映像を無断で複製・転載・販売することは固くお断り致します。

プライバシーポリシーについて
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
Copyright © 諸国漫遊記 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]