忍者ブログ
Admin*Write*Comment
諸国漫遊記
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


(もうひと稼ぎできるかデンカオセーン)

 前WBA世界フライ級王者デンカオセーン・カオウィチットがパナマの首都であるパナマシティに滞在している。10月2日に行われるWBA世界暫定王者のルイス・コンセプションと暫定タイトル戦を行う為だ。

 今年の2月、神戸で現同級王者の亀田大毅選手に破れてから、2試合の復帰戦を勝利して再びタイトル挑戦に望むことになったようだ。この試合はWBA本部があるパナマシティにて毎年行われる『KOドラッグ』のボクシングショーでのメインイベントとして行われるようである。

 タイのボクシング関係者の話では、デンカオセーンは2月の世界戦では既に満たされていたと聞いた。家のローンがこの試合により払いきれたのだとか。それがあの世界王者らしからぬパフォーマンスにどこまで結びついていたのか定かではないけれど、少なくともタイトルを獲得前後の彼の姿は別人のようだった事だけは確かだ。

 デンカオセンーンを迎え撃つ暫定王者、ルイス・コンセプションは試されていない部分も多いが極めて強い。前王者が再び王者となるのは難しいと思われる。どちらにしてもこの試合の勝者は日本でタイトル戦を、正規との統一戦を望んでいる事は間違いない。

 去年の春先に東南アジアを旅した際、デンカオセーンの家に訪れた事がある。日本の建物と比べれば、決して大きくも奇麗でもなかったけれど、彼の誇りが詰まって見えた。しかし彼はその後に越したらしい。さらに良い家を購入し、そのローンが2月の試合での支払えたという訳だった。

 果たしてその家に誇りは詰まっていただろうか。


 *八王子中屋BOX

 明日、計量となる東日本新人王準決勝に出場する”暴れん坊将軍”林和希のパワーが全開する事について
  東日本新人王準決勝、林和希が全開になる!
PR

(あれ?トレーナーじゃなかったっけ、この時?)

 2年前、僕がタイを訪れたとき、元WBC世界バンタム級王者だったウィラポン・ナコンルアンプロモーションは現役を引退し、トレーナーの職についていた。

 ”デスマスク”の異名を持つだけあって、挨拶時に見せた笑顔には深みあるものを感じさせた。

 そのウィラポン、僕がタイを離れてすぐ現役復帰していた。

 理由は分からない。

 金銭的には困っていたようには見えなかった。やはり自分の中で終われない何かがあるのかもしれない。それは日本のリングで残してきた思いではなかったか。

 2006年3月、リベンジに燃え、しかし試合半ばで倒されてから彼は一度も日本で試合を行っていない。日本人とはタイで何度か対戦し、いずれもKO勝利だったようだ。

 現役を引退していたウィラポンに出会ったとき、3人の日本人の名前を出した。もはや彼にとっては何度となく聞かれ続けた質問だっただろう。辰吉丈一郎、西岡利晃そして長谷川穂積の3人についてだ。問いかけは彼にとって3人の存在はどんなものか、

「タツヨシは戦友のようだ。彼と戦えたから自分が更に強くなれたとも思う。逆にニシオカは自分との試合で成長したと感じなくもない。彼は強くなった。見守っている心境だ。」

 とウィラポンはあのニヒルな笑顔で語っていた、しかし長谷川選手の話になるとその表情を一瞬曇らせた後、

「ハセガワ、、彼は私の事をまだ覚えているだろうか?」

 と彼はニヤリと笑った、

「私はまだ覚えているよ。」

 彼の表情がリングで見せていたデスマスクに変わった瞬間だった。


 ウィラポンは今どうしているだろうか?

 2009年3月に再び復帰を果たしたウィラポンはその後6連勝、いずれも戦績怪しきインドネシア人達だ。

 ちなみに今年4月に対戦した相手は”サウスポー”だったようだ。


*八王子中屋BOX

 明日がWメインの東洋太平洋&日本すS・ウェルター級王者 チャーリー太田と日本ライト級王者 荒川仁人の計量について
 Wタイトルマッチ計量日!
 

(わーい!)

 2年前、タイの首都バンコクでボクシングの試合を観戦した。

 タイでは殆どの試合が無料で観戦出来るのです。スポンサーさん、政治家さん、有り難う。

 タダのタイの試合
 
 そんなタイの会場は屋根付きの屋外スペースで、もう暑い中、熱い戦いが展開されていたんだ。

 だけどやっぱり、リングの戦いより外の気温との戦いの方が厳しかったよ。なぜならどの試合も完璧なホープVS呼ばれて来た人(バイト)だったからだ。

 もうね、皆汗がダラダラ、それでもスーツをしっかりと見にまとったスポンサーの人達は凄いと思ったよ。彼等の為の大扇風機がうなりを上げていたなぁ。

 そんな暑苦しい会場内で、リングサイドに華やかな香り漂う花びらを発見。なんでもタイで有名なセレブリティなのだそうだ。確かに周辺とは違ったオーラが漂っていたね、うーん、かわいい。

 何故、こんなかわいい子がいるのに、ラウンドを告げる人間はこうあってしまったのかが不思議でならなかった。

 ラウンドガール、番外編 IN Thailand

 
 *八王子中屋BOX
  6月29日(火)に東洋太平洋/日本S・ウェルター級王者チャーリー太田の挑戦者が、既に次戦の試合を決めている事について
 チャーリー太田の挑戦者、既に自分の防衛戦を決定済み(怒)!
 

(”微笑みの国”は幻ではなかったはずです。)

 タイの首都バンコク中心部で起こっているデモ隊と政府の衝突長期化しそうな模様だ。

 大変な事になってしまっているね。僕が旅した去年とは比べ物にならないくらいの惨劇も起こってしまっているようだ。

 今まで、日本人としてどこが一番旅がしやすかったか?といえばこの国タイ以外には考えられないというくらい。旅がしやすかったんだ。

 日本人と見れば、なめて2倍も3倍も吹っかけてくる物売りもいたけれど(当然容赦はしなかった、というか出来るわけないだろう!この懐事じょ、、!

 バンコクも少し歩いて観光的な場所から離れれば、庶民の方々が優しい笑顔で話しかけてくれた。しかし何を話しているのかが分からなかったものだよ(汗)。

 昼間や、夜中に屋台に行けば、おっちゃんたちがいっぱいひっかけていてね、自分の手垢がたっぷりとついている旅話を彼等に聞かせたもんだ。しかし、中々上手く伝えられなかったものだよ(涙)。

 観光的な所では、かなりの場所で言葉の不自由さは感じなかった。日本語一つでも安心して旅行を”楽しめる”場所なのだと思った。そう、旅の間思っていた事の一つに、旅行は絶対に現地、または僅かであっても英語は使えた方がいい、という事だった。

 少なくとも僕は何よりも現地の人とのコミュニケーションが楽しくてたまらなかったんですよ!たまにうっとうし、、

 タイの人たちは言葉はあまり通じなくとも、笑顔ですべてを解決してくれた。まぁ、良かった事ばかりではなかったけ、、

 今度はその笑顔が自分たち同士の為に必要とされている。1日も早く緊張が解かれる事を祈る。


 *八王子中屋BOX

 『チャンピオンカーニバル』の中でチャーリーが敢闘賞を受賞した事について
  チャーリー太田、『チャンピオンカーニバル』殊勲賞受賞!

 大川内天心の試合近し、について
  大川内天心、オールドルーキーが新人王を目指す。

 

(違う物を混入するのはおやめください)

 タイの正月『ソンクラーン』昨日終了したようだ。

 『水掛け祭り』とも呼ばれ、タイ国民、観光客など、多くの人々が水を掛け合いお祭りムード一色になり、いまではそちらの色合いが強くなっている。ここ20年で最悪の政治抗争も一時休戦、反政府デモ隊も赤シャツを着ながら水を掛け合っていたとのことだ。

 噂には聞いていた。面白いらしいんだ、この祭り。たまにそれが水なのかあるいは他の水分なのか、そんな分け分からん液体をひっかけてくるルール無用の輩もいるようだけどね、、、

 僕も参加をしてみたいとは思っていたんだ。しかし、時間とお金の都合で、日本に引き返さなければならなかったんだよ。いつか短期旅行者として(長期旅行をした結果、短期がベストだと分かりました。まぁ、資金があったらまた別の話になるけどね、、)参加したいっす。

 そんな13日から始まったお祭りも昨日を持って終了、再びデモ行進が行われるという。

 ”微笑みの国タイ”、ボクシング関係者も皆優しい笑顔を持っていたなぁ。その裏に何かあったとし、、

 皆さんどうぞご無事で。


 *八王子中屋BOX

 タイトル挑戦直前!荒川仁人の記事掲載『西多摩新聞』(4/16UP)
  • ABOUT
5年のNY生活、約2年の旅を振り返ります!
  • 王者になるまで
  • 八王子中屋ジム試合風景
  • 八王子中屋ジム練習風景
  • 最新CM
[05/09 ジムHP管理人]
[05/05 あめちゃん]
[08/04 管理人]
[08/04 管理人]
[08/02 ボクサーひこ]
  • カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
  • プロフィール
■管理人:
中屋一生
■中屋一生 E-mail issei45456@hotmail.com

■掲載した記事・画像・映像を無断で複製・転載・販売することは固くお断り致します。

プライバシーポリシーについて
  • バーコード
  • ブログ内検索
  • アクセス解析
Copyright © 諸国漫遊記 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*material by 工房たま素材館*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]